姓名判断&数理占術(数理占学)の例としてまた赤ちゃんの命名や改名、また本人の命数からわかる性格・相性・病気・健康・干支からわかる性格などの意味を一部を作成したものです。
また名前の運勢、五行運格・性格・意味・病気・健康などの意味を一部を作成したものです。
参考にして頂ければ幸いです。


姓名判断


● 天格:本人の苗字であり、先祖より代々受け継がれてきた家族の苗字から天格を導き天格だけで本人の吉凶の判断をすることはありません。
● 人格:人格は本人の主運を表すもので、性格・才能・健康などを見ることができます。35歳くらいから後の中年期の運に影響します。
● 地格:本人の持つ基盤を示すもので、基礎連、前連とも呼ばれます。35歳くらいまで(親から独立する頃まで)の若い時分の運勢がわかります。
親から譲り受けだ性質・体質・かかりやすい病気、潜在的な素質や能力などを見ることができます。
● 外格:人格が主運を司るのに対し、外格は副運を司ります。社会運とも呼ばれ、人格の働きを助ける役割を担っています。
外格からは、対外的な環境運、社交性・順応性に加え、周囲からの評価も推し量ることができます
● 総格:地格が前運と呼ばれるのに対し、総格は後運と呼ばれます。人生全体の運に影響します。

数理占術


■年盤⇒先天運。生まれ育ったご自身の家系や生まれ持った宿命を観ます。
■月盤⇒若年運。若い頃の状況を観ます。
■日盤⇒壮年運。活躍盛りの時期、中年頃の運気として観ます。
■時盤⇒晩年運。一段落した後の老後の運気の流れを観ます。