思考傾向の結果

Aを多く選んだあなたは「プラス思考傾向タイプ」
一般的にプラス思考の人は、「良い思考の持ち主」と捉えられています
このタイプの人は、気分転換が上手だったり、なんでも前向きに考えることができるので、ストレスが溜まりにくく、心の健康度を高く保つことができます。
しかしながら、プラス思考には大きな落し穴があります。
プラス思考があまりに強い場合(全てAを選んだ場合)物事をあまり深く考えずに行動してしまう傾向があります。
軽率な言動が失敗を招いたり。周囲を注意深く見ようとせずに、暴走して他人から反感を買うなどのトラブルが起こりやすい状況かもしれません。
あまりにプラス思考傾向が強い場合には、周りをよく見て、暴走しないように心掛けるなど、少し他者の意見も聞き入れるようにする姿勢が大切です。

Bを多く選んだあなたは「マイナス思考タイプ」
マイナス思考傾向が強い人はくよくよ悩んだり、自分の殻に閉じこもってしまう傾向があるので、周囲からあまりいい評価を得られません。
マイナス思考傾向が強いと、必要以上に考え込んでしまったり、つい悪い方向に考えしまったりして、結果的に自分の考えに苦しんでしまいがちです
そして、マイナス思考傾向が強い人は、なんでもない情報を悪く捉えり傾向があります。
この傾向は、何気ない出来事や、他者の悪意のない行動に対しても、過激にマイナス思考をフル回転させ「あの人は私に対して嫌がらせをしているんじゃないか?」と、イライラしたり落ち込んだりしてします。
そのためどうしてもストレスが溜りやすくなります。
しかし、マイナス思考が全て悪いわけではありません。
マイナス思考の人は、とても敏感で、慎重に物事を進めるので、心ない人に利用されたり、人にだまされるということは少ないでしょう。
大きな失敗体験に苦しむことも少ないかもしれません。

とはいえ、マイナス思考に囚われ、自分の考えの呪縛から向けだせないほど、マイナス思考が強い場合(全てがBを選んだ場合)、自分がマイナス思考がに走りやすいタイプだという事をしっかり認識したほうがいいでしょう。
マイナス思考に囚われ、考え込みそうな時に、自分にあった機敏転換の方法を編み出すなど、自分以上に苦しめない対策を練っておくことが必要です。

A・Bが「2:3」「3:3」「3:2」だった場合には、プラス思考マイナス思考がバランスが良く出てくるタイプ
偏りが少なく、比較的に自分で精神的安定を繰り返すことができるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です