手相にシワが多い意味やそのパターン➂

■シワの傾向による長所と短所➂
手相のシワが多いと言っても様々なパターンがあります。今回は、シワが多い人のなかでも特に多いパターン3つについて説
明します。

細かい線が濃く多くメインの線が見づらい
細かいシワが全て濃くて多いため、「生命線」「感情線」「知能線」「運命線」のメインの線が見にくくなっているパターンです。
長所は、頭の回転が早く、機転がききます。仕事をこなすのも早く、頼まれたことも素早く的確に行えるため信頼されていま
されています。全てが濃いシワからもわかるように全てを最後まで真剣に考え抜きます。手を抜かずに最後までやり遂げる力もあるでしょう
一方で短所は、マイナス思考です。考え過ぎるあまりに先のことを何パターンか予測し、落ち込みやすいです。予測できるた
め危険は少ないのですが、自信がないため悪いことばかりを考えやすい傾向にあります。

細かい線がたくさん交わっている
細かいシワがたくさん交わることで全て途切れ、直接に見えるパターンです。
長所は、論理的思考が得意です。物事を順序立てて考えることができるので、誰もが納得できるような考えや解決法を見つけ
ることができます。自分自身に困難や苦難が立ちはだかっても冷静に分析して難なく解決することができます。
一方で短所は、現実主義者です。現実と向き合うことは大切ですが、周りから堅いイメージを持たれやすく、人とのコミュニ
ケーションが苦手な面もあります。頼りにされることは多いですが、自分が他人を頼ることは苦手です。そして、常に肩に力
が入っており、心身ともに疲れやすい傾向にあります。

細かい線の1本1本が薄くなっている
細かいシワがあるものの全て薄いため、「生命線」「感情線」「知能線」「運命線」のメインの線のみが見えているパターンです。
長所は、物事を慎重に考えることができます。手の線からもわかるように軸となる考え方は、持ち続けるものの様々な角度か
ら物事を捉え考え、視野が広がっていきます。そのなかでも何が必要かなどを慎重に考え抜きます。石橋を叩いて渡るタイプです。
一方で短所は、マイペースで優柔不断です。視野が広がったことにより、ゆっくりと考え迷うことも増えます
ある程度決まっていても他人の意見に流されやすい、後悔しやすいタイプです。迷うことによりさらに不安にかられ、負のループに陥りやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です